2013年10月4日金曜日

物言わぬ人

このタイトルを見て、何の話だろう?と思ったかもしれない。別に死んでいる人とか、どうのこうのということではなく、文字通り「ものを言わない人」のことについての所感である。

同じマンションに住んでいて、エレベータに二人きりになるのに、何も言わない。私の所属する学科の学生で、朝すれ違うのに、うつむいて気づかないふりをして通り過ぎる。いや、うつむかなくても無視される。学生実験などのグループ学習で、朝、部屋に来る決まったメンバーが、後から入ってきて何も言わず座る。

非常に居心地が悪いのだが、相手は何も思わないのだろうか。私は、学生以外の人には最終的にはこちらから挨拶をするので、無言のまま通り過ぎることはまずないが、まあ、社会通念からして、あちらから挨拶があってもいいと思うような場合が多い。たとえば子供。子供は、こちらから挨拶しても無言の場合が結構ある。最近の子供は、同じマンションであっても、よその人とは口をきかないように親が指導しているのだろうか。これは、勘ぐるわけではないが、小中学校で校門指導と言って、先生が愛想よく挨拶をして、子供たちはそれを聞き流して通るというような光景を見ることがあるがその影響はないのか。街角で、不特定多数に挨拶を大声で掛けるのの影響ではないのか。

学生とすれ違うときは、こちらからいうのも癪なので相手から言ってくれるのを期待するが、まあ20%以下というところだろう。見ていると,学生どうしでもほとんどしていない。その証拠に、ゼミ配属された学生同士、最初に集まった日に、お互いに知っているかと言えば、半分以上の学生が、話したことはないという。

私が学生時代は、同じ学科のものどうし、話をしたことがない学生はまずいなかった。先生とすれ違う時は、たいてい「おはようございます」、「こんにちは」と言った。気づかない(ふりかもしれないが)先生の場合も、頭を下げて会釈した。本当に気づかなかった時以外は挨拶をしたものである。

どうも挨拶だけではなく、あらゆる場面で他人と話をすることができない人が多いように思える。 一声掛ければ穏やかに済むことが、声を出さないばかりに、とんでもない争いになることも多い。

これはどこの国でもそうか?というと、そうではない。アジアの国、シンガポールや香港などでは同じような感じを受けることも多いが、ヨーロッパでは違った。私が住んでいたオーストリアでは、エレベータや階段などですれ違う時には必ず挨拶が飛んできた。狭い通路で、お互いにものも言わずにすれ違うということはあり得ない。そういう文化からか、たとえば、行列の最後尾に並ぶときやエスカレータに乗るときなど、他に同じくらいの距離でそこに向かっている人がいたら譲るのが普通である。日本では、足を速めるのが普通。ちょっと譲って、「どうぞ」とでも言って譲ったら、喜ばれるのに。

0 件のコメント:

コメントを投稿